外資系で働くメリット教えます!

もっと知りたい!転職情報の参考サイト

    外資系エンジニアの英語の実状

    外資系企業での就業未経験者が真っ先に心配するのは英語力だろう。もちろん、社内で使われる言語が英語とは限らないが、ないよりかはあるにこしたことはない。コミュニケーションにおいてもあれば便利である。どのくらいの英語力が必要なのだろうか。ケースバイケースではあるが、基本的には技術の専門職であれば英語力は必要最低限さえ満たしていれば十分なところが意外と多いようだ。ただし実際の職場や立場、職務内容により違うからだ。海外のエンジニアと一緒に開発するとか、外国の本社との会議に定期的に参加するなど、常に英語が必要になる場合もあれば、日本国内なら日本語で十分という企業も存在する。
    ずばりIT企業のエンジニアをめざしているなら、とりあえずの目安を挙げるとすれば「TOEICで600点」でしょう。これが現状でクリアできていないなら、まずはこの点数を目標にするのはどうだろうか。入社後の話ではあるが、英語力向上のための支援制度がある会社もあるというが実際に社会人になって、仕事をしながら勉強も両立するというのはかなりの苦労が強いられるでしょう。

    転職を決意したら!関連リンク集

      Copyright (C)2017外資系で働くメリット教えます!.All rights reserved.