外資系で働くメリット教えます!

もっと知りたい!転職情報の参考サイト

    外資系企業とは何かについて

    まず最初に、外資系企業とは外国系資本企業の略称であり、文字通りに外国の資本が入っている企業の事を指します。しかし、一口に外国系資本企業と言っても、いくつかのパターンがります。その中でも、最も分かりやすいと言えるのが、資本の100%が外国のものである企業のパターンです。この100%外国資本であるパターンは、コンピュータ関係・化学関係・医薬品関係の企業に多いです。
    次に、日本企業と合併した外資系企業というパターンがあります。この場合は、外国資本の比率が51%以上という場合と、50%ずつの半分という場合と、49%以下という場合の三種類に分類されます。そして、51%以上だった場合には、物凄く外国資本が主導という事が出来ます。また、外国資本の比率33%から40%ぐらいでも、経営戦略などの面からみた場合には外国資本が主導という場合が多いです。通常、外国資本系企業が日本の経済市場へ参入する場合は、日本国内の有力な企業などと協力して外国資本系を設立するのですが、最近はM&Aという手段を取る外国系資本企業が目立ってきました。

    転職を決意したら!関連リンク集

    Copyright (C)2017外資系で働くメリット教えます!.All rights reserved.