外資系で働くメリット教えます!

もっと知りたい!転職情報の参考サイト

    外資系キャビンアテンダント

    私が外資系航空会社のキャビンアテンダントになろうと思ったのはすでに日本の航空会社の地上職として採用されてからのことでした。休みを利用して海外に旅行に出かけた際、外資系航空会社のキャビンアテンダントの華やかさと日本人にはないツンとしたスマートさに好感を持ち、自分もこんな仕事がしたいと思うようになったのです。すでに航空業界で働いていた私ですが、キャビンアテンダントへの興味は全くありませんでした。英語力はそこそこありましたが、外資系で通用するほどはないと思いあきらめかけましたが、とりあえずそんな関係の雑誌を購入し、募集要項を調べてみることにしました。
    外資系航空会社のキャビンアテンダントの募集はそこそこありましが、誰もが知っている大手航空会社となると、その傘下の小さな航空会社の募集がほどんどで、ずいぶん壁の高さは異なりました。採用のほとんどが契約雇用で、正社員としての採用はかなり狭き門のようでした。どうしても正社員を希望していたので、ダメもとで正社員に応募してみました。結果は合格。逆にどうして受かったのかというところですが、そこが外資系。何か個性的なものがあれば良いということを、転職後入社してから知りました。

    転職を決意したら!関連リンク集

      Copyright (C)2017外資系で働くメリット教えます!.All rights reserved.